ピンバッジ

プレス加工(エポキシコーティング) ピンバッジ

金属プレートに圧力をかけてプレスすることにより表面にへこみを作り、

そこにソフトエナメルインクを流し込んで色付けをします。

インク同士が混ざらないように、色と色の境目には必ず

0.15mm(約0.5pt)以上の仕切りが必要となり、

その部分は仕上がり時には金属の色で表現されます。

デザイン自体が細かく、インクを流し込むスペースが作れない場合は、

金属のみでの表現となります。

金属の色は、メッキにより変えることができます。

線の幅はエッチングよりも細くでき、深さもエッチングよりも深くなるため、

同量のインクでもへこみの3分の2程度の高さとなり、インク面が擦れず、

表面保護のエポキシ樹脂が必要なくなるので、

凹凸感のある表現が可能です。

もちろん、エポキシ樹脂でコーティングすることも可能ですが、

その場合はエッチング加工と見分けがつかない仕上がりとなります。

 

お見積りフォーム

仕様

【標準仕様】

 材 質:鉄 または 真鍮

 メッキ:ニッケルメッキ

 サイズ:25×25mm以内

 厚 さ:1.2mm

 色 数:4色以内

 ピ ン:バタフライピン

 包 装:個別PP袋

 数 量:100個~

カラー

【色付け方法=色挿し】

 エッチング加工・プレス加工・ダイキャスト加工は印刷ではなく、

 色を付ける部分をへこませて、 そこにインクを流しこんで色付けをしてゆきます。

 そのため、 色と色の境目には金属色の縁ができ、 それぞれの色が金属のラインで

 囲まれた仕上がりとなります。

 デザインが細かいと縁を作ることが難しい場合があり、

 その 場合は色を流し込めないので、 金属色のみでの表現となります。

 下の図1の白い部分がインクを流し込む箇所となり、

 黒い部分は金属のメッキ色での表現となり ます。

 「RESEACH INSTITUTE」やURLの部分は文字が細かく縁を作ることができないので、

 金属色のみでの表現となります。下の図2が完成のイメージとなります。

色挿し(絵)

【色のご指定について】

 色のご指定は「PANTONE Solid Coated」にてご指定下さい。

 お分かりにならない場合は、ご希望の色見本をお送り頂ければ、

 弊社にて「PANTONE」カラーの近似色に置き換えさせて頂きます。

 

 

パーツ

以下のパーツよりご希望のものをお選びください。

(※ 標準パーツは「バタフライピン」となります)

ピンNEW

その他

【メッキ】

メッキNEW

価格

エッチング・プレス価格表

納期

納期

お見積りフォーム

pagetop